喫煙とAGA治療の関係

タバコは、AGAにとってとても悪影響を引き起こしてしまうため吸うのは辞めたほうがいいでしょう。

 

タバコにはニコチンという有害物質が沢山含まれており吸うことで血管の収縮が始まり、しまいに髪や身体にまで悪影響を起こしてしまいます。また、髪にいくはずの必要な栄養素がニコチンによって大量に消費されたり喫煙による肝臓への負担などといったことがでてきます。

 

タバコを吸うことによりビタミン類が身体から大量に消費されます。また、ビタミンCだけでなく、その他に健康な髪の育成に特に大切な栄養素であるビタミンB群やビタミンEも消費されてしまいます。しかし、こればかりは食事で気を付けたり、サプリメントでビタミンを補給していても補いきれない場合があります。

 

AGA予防には、血行促進と血管拡張が大切です。育毛剤などの中には、血行促進や血管拡張を目的とするものが数多くあるのはご存知でしょうか?

 

実際、育毛剤じたいは多少効果はありますがこの効果もなくしてしまうものこそがタバコに含まれるニコチンなのです。ニコチンは血管を細くしてしまう作用があるため育毛剤などを使っていても効果があらわれにくくなります。また、血管が細くなる症状が進行すると身体がどんどんボロボロになっていき動脈硬化になったり、血流が遮断され、重要な臓器にまで酸素や栄養を運ぶことができなくなります。

 

特に肝臓には、摂取した栄養素を身体が活用しやすい形に変換したり合成する働きや有害物質の解毒作用があります。しかし、タバコの煙に含まれているニコチンやタールなどの有害物質は肝臓で解毒され、それだけでも肝臓への負担が大きくなります。また、髪に必要な栄養素も肝臓を通して変換されているため、必要な栄養素の代謝低下につながります。最後に、もう一度AGA予防にとって大事な事を言います。

 

タバコを吸うことはやはりストレス発散だったりリフレッシュしたいときに吸うと思いますが決して吸ってはいけないとは言いませんが、やはり、吸うにあたってはどんなに食事やサプリメントなどで髪に必要な栄養素を摂取していても「身体が活用できない形」にならなければ効率が上がらなくなるということを覚えておきましょう。