軽めの運動を継続しましょう

まず毎日、適度な運動をすることでAGA予防につながります。

 

運動不足は、薄毛や抜け毛の要因である血行不良と大きく関係しています。そして、筋肉を動かすためには血を使います。運動不足で筋力が低下すると血液も活発に流れなくなり、血管の動き自体がかなり悪くなってしまいます。そして、結果として髪の毛につながっている毛細血管にも血が十分に行き渡らなくなり血行不良を引き起こしてしまうのです。

 

AGA予防のためには、無理してキツい運動をするのではなく、身体にあまり無理のかからない有酸素運動が適しています。有酸素運動は、ウォーキングやサイクリング、水泳などの身体への負担は少なくても、続けることで呼吸のペースが速くなるものなのです。自分の無理のない範囲で一定時間、継続して身体を動かすことで緩やかに筋力アップができます。

 

また、有酸素運動をして身体全体の筋力を上げる事で、血行不良の改善につながり、継続して行うことが重要なのです。そして、身体にあまり負担がかからないため始めやすいっていうことがポイントです。ただ、一時的にしただけで「もう大丈夫!」と勝手に終わらすと筋力アップにはつながりません。効果の高さを目指して運動してもなかなか続かないので自分が続けられそうというものを選ぶようにしましょう。

 

また、社会人になると日々の仕事の疲れなどもあり、運動の時間をとること自体が難しい人もおられます。そんな方は、まず入浴後や寝る前のストレッチなどで身体を動かすところから始めてみることをお勧めします。ストレッチを行うことで、緊張して固まってしまった体全体の筋肉をやわらげることができるため、血行促進の働きに効果があります。

 

また、副交感神経を刺激するために、身体をリラックスさせるのも効果的なので寝る前にゆっくりストレッチを行い身体をほぐしましょう。そうすると、睡眠時に深い眠りを誘発しやすくなります。