髪が生えてから抜けるまでのサイクルに変化

正常時のヘアサイクルは、成長期で(約2〜6年)退行期で(約2週間)休止期で(約3〜4ヶ月)で回っています。この3つのサイクルを繰り返していくことによって髪が抜けたり生えたりをずっと繰り返しています。

 

しかし、それが抜け毛の原因AGA(男性型脱毛症)になってしまと、この成長期が極端に短くなり、正常時のヘアサイクルと全く違い、数ヶ月〜1年になってしまうのです。すると、髪の密度不足によって太く長い髪に成長する前に抜けて落ちてしまうという結果、AGAを発症してしまいます。なぜAGAという厄介な物質ができてしまうのかというと、その裏にはDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な作用を持つ偽の男性ホルモンを作ってしまう物質がいるのが原因なのです。正常な男性ホルモンには、たくましい筋肉、低い声、濃い体毛、などの男性らしさを生じさせるテストステロンというものたちがぎっしり詰まっているのですが、II型5α-リダクターゼという酵素によって還元されると、偽の男性ホルモン要はDHTが生じます。

 

DHTがDHTレセプター(受容体)と結びついてしまうと標的遺伝子に作用し結果、脱毛が起こります。
DHTが作用してしまうと、髪や頭皮にとって悪いことだらけで例を言いますと髪の成長に関わる毛乳頭が萎縮してしまったり、毛母細胞の分裂を止めて髪の成長を抑さえてしまうなどトラブルが続いてしまうのです。
これによって髪の成長期が極端に短くなり、正常な髪と違い十分に成長しないまま退行期に入り休止期に突入..そして頭全体にダメージを与えてしまった結果、髪が少しずつ抜け頭皮が薄くなったりすることで脱毛が起こったように感じるのです。

 

でも、よく考えてみてください!正常な髪からDHTになってしまうということはそれを食い止めるために薬などを使ってのAGA治療を行ってDHTの作用の働きを止めればいいんです。現在のAGAの治療ではII型5α-リダクターゼ酵素がテストステロンをDHTに変換してしまわないようにする治療法があるので気になった方は是非、恥ずかしがらずに病院やクリニックなどに足を運びましょう。