植毛にはいくつか種類があります

AGAを治療するために植毛をするケースがあります。

 

植毛にはいくつか種類があり、推奨される方法とあまり推奨されていない方法があります。そして推奨される治療法の一つに自毛植毛が挙げられます。

 

自分自身の髪の毛をドナーとして利用する治療法ですが、薄毛の改善効果が高く、AGA対策にも適していると言われているのです。

 

因みに人工毛を植毛する治療法もあるのですが、行わないように勧められていますので、植毛をするのなら自毛の方が良いと言えるでしょう。

 

自毛植毛が良い理由ですが、改善効果に期待することができるからです。

 

AGA治療としては薬を用いた方法が定番ともなっているのですが、しかしながら薬の場合は副作用がありますし、また誰にでも効果が見られる治療法ではありません。

 

その点、自毛植毛ですと自分自身の髪の毛を移植しますので副作用の発生リスクが低いですし、そして薄毛が改善できる確率も90%以上と高く、AGA対策として有効性があると言われているのです。

 

発毛ができた後の手間がないのも自毛植毛が良い理由です。薬で回復ができた場合はその後もずっと薬を利用する必要がありますので、それだけ手間が掛かったり副作用のリスクも高まります。

 

その点、植毛治療ですと生やすことができた後は特別なケアは不要です。

 

普通の髪の毛として扱っていくことができますし、薬を服用しなければいけないといったことも一切ありません。

 

また、治療後にメンテナンスを受けることができるものの、メンテナンスも必須ではありませんので、発毛後のケアで手間が掛かることがないのです。

 

但し費用が高額になるのが難点です。

 

AGA治療専門のクリニックでは他の治療方法を受けることができます。

 

薬を用いた場合の副作用についても、クリニックを利用しているならばケアをしてもらえます。

 

植毛を希望している場合でも、状況によっては薬での治療の方が良いケースもあるので両方の治療を行えるクリニックでカウンセリングを受けるようにしましょう。