AGA治療にかかる費用はずばりいくら?

 

AGA専門医師

AGA治療に一番効果的な治療方法は専門のクリニックや病院を利用することです。

 

費用は一月1万円から10万以上と幅広くなります。

 

それはAGAの進行度によって必要な治療と髪が生えるまでの期間が異なるからです。

 

当然ですが髪の数が少ないほど高度な治療が必用で、期間も長くなります。

 

大まかなAGA治療の費用は次のようになります。

 

  • 薄毛気になり始め

    費用:2万円程度
    治療期間:なし(定期的な薬の服用のみ)

     

    AGAの進行を抑える薬を服用するのみの治療で済むなら、薬の購入費用のみです。
    (他に診察料が必用な場合があります。)

     

  • はっきりと髪が少なくなってきたのが分かる程度

    費用:5万円程度
    治療期間:半年から1年程度(以後薬の服用)

     

    AGAの進行を抑える薬を服用と生活習慣の改善の為のカウンセリングを受けます。
    (その他に必要ならクリニック独自の治療を行います。その頻度により費用は増減します)

     

  • 髪がほとんど無い状態

    費用:10万円〜
    治療期間:2年〜 (生活習慣の改善など本人の努力によっても期間が変わります)

     

    AGAの進行を抑える薬を服用と生活習慣の改善の為のカウンセリングを受けます。
    高度なクリニック独自の治療を行います。
    クリニック独自の薬が処方されます。
    オリジナルシャンプーなども用意されています。
    (クリニックによって内容は異なります)

 

AGAは放置しておくと進行していきます。
進行する速度は個人差がありますが、着実に髪が抜けていきます。

 

ただし薄毛が気になりだしたと言っても、必ずしもAGAとは限りません。
その為AGAかどうかの検査が必要となります。

 

AGA治療専門のクリニックでは、安価または無料で検査してもらえるので早いうちに見てもらうことを推奨します。

 

治療に必要な費用は高額となりますが、早く始めるほど安くすみます。
細くなった髪を太くするならそれほど期間がかかりませんが、抜けてしまった髪を生やすには長い期間が必用になるからです。

 

髪を生やすことを諦めたくないなら、今すぐにでもAGA治療を開始しましょう。

 

今が決断の時です!

AGA専門治療医師2

 

おすすめAGA治療専門クリニック

 

 

AGAスキンクリニックは全国に多数のクリニック施設を持つ男性型脱毛症の治療を専門に手掛けているクリニックで、オリジナル発毛薬を利用して薄毛治療を行っているのが特徴です。

 

オリジナル発毛薬はAGAの特効薬としても有名なフィナステリドとミノキシジルが主成分になっている医薬品で、アミノ酸を初めとするビタミン類をバランスよく配合した、AGAスキンクリニックのオリジナルになります。

 

オリジナル発毛薬は発毛作用と育毛作用の2つの効果を期待する事が出来る事、男性型脱毛症の原因を作り出している5α-還元酵素をブロックし、テストステロンがDHTに変換されないように阻害する効果、そして髪の毛に栄養を与えて育毛を促すと言った特徴が在ります。

 

一般的な治療薬と比較をすると発毛実感率が高くなるのが特徴で、髪の毛が生えて来たと言った実感を覚える人が多いなどの実績を持ちます。

 

因みに、男性型脱毛症は頭頂部が薄くなるO字型薄毛と、前頭部が薄くなるM字型薄毛の2種類が在り、症状の度合いを、イラストを使って分類を行っているハミルトンノーウッド分類が有ります。

 

ハミルトンノーウッド分類ではT型からZ型まで薄毛の症状を分類しているのが特徴で、Z型になると大半の髪の毛は抜け落ちてしまっています。

 

AGAスキンクリニックのホームページには治療実績が紹介されているのですが、治療実績は患者さんの薄毛の症状をハミルトンノーウッド分類に当てはめて紹介が行われており、髪の毛の大半が抜けてしまっているZ型の患者さんの発毛実績も紹介されているなど、発毛実感率が高い事を証明しています。

 

AGA治療専門クリニックとしては信用できますので、無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

 

AGAスキンクリニックはこちら

 

 

AGAに治療が必要な理由

 

薄毛治療

AGA治療には費用がかかる
育毛剤ではダメなのか?

そもそもAGA(Androgenetic Alopecia)とは何でしょうか。

 

AGAとは成人した男性に良く見られる頭髪の毛量が減っていく症状です。

 

髪の生え際や頭頂の毛髪が徐々に細くなり、次第に薄くなっていきます。

 

原因は遺伝によるものと長い間考えられていましたが、DHTと呼ばれる物質が引き起こしているということが分かってきました。DHTは毛母細胞に髪の細胞の成長を妨げるように働きかけます。

 

DHT(正式名ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンのテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼが結合することで発生します。

 

男性ホルモンが薄毛の原因であると言われるのは、DHTの元になるのが男性ホルモンだからです。

 

AGAの治療を行うことで、このDHTの生成を減らすことができます。

 

現状では市販の育毛剤などでは減らすことができないので、髪を増やそうと思うならAGAの治療は必須となります。

 

AGAは徐々に髪が減る症状です。

 

その為、気が付いたら深刻な状況になっているケースもあります。

 

その状態からの治療も現在では十分可能ですが、その分費用も高額となります。

 

DHTの生成は治療をしない限り続くので、早めにAGAの治療を始めるのが最善の選択となります。

自毛植毛の費用

世界中の男性で薄毛に悩んでる方は沢山いらっしゃると思いますが皆さんはまず薄毛治療として頭皮マッサージをしてみたり市販の育毛剤を使ってみたりして対応している方は結構多いことでしょう。

 

しかし、こうした方法だけでは薄毛治療法としてあまり良い改善を得るのは難しいのです。

 

そこで「自毛植毛」という医療の中では注目の高い方法を選択することも考えられます。ですが金額が安くても数十万円は必要になります。また植毛する範囲や本数が多くなればなるほど高額になっていき百万円以上、二百万円台にもなってしまう場合があります。

 

しかし高額な分、しっかり定着してしまえば、アフターケアに費用はかからなったり、キャンペーンそしてモニター制度などを利用により低価格で施術を受けることもできるので確実に発毛させたいという方は良いかもしれませんね。

 

施術料金は、1回受けるのも含めその先、長期的にはしたいのであればどれぐらいの費用が必要かも前もってよく確認して自分に合った方法を選びましょう。

 

ただしAGAの根本的な解決になっているかは、定かではありません。
・AGAの影響がない後頭部などの毛を利用するので、薄毛にならない
・AGAの原因であるDHTの発生を抑えていないので、再度薄毛になる
全く正反対の見解ですが、実際にところ人それぞれだとしか言えません。

 

 

やはり、しっかりと薄毛の悩みを解消したり確実に良い結果を出したいと思うのであれば病院やクリニックなどに直接行き医療機関によるAGA治療の検討をお勧めします。

 

なぜかというと最近のAGA治療は以前の治療法とは違い格段に進歩しており結果、発毛への効果が期待できるからです。

 

しかし、どの治療にも言えることですがやはり気になるのは費用のことですよね。

 

AGA治療法には様々な種類があり選ぶ方法によって価格はバラバラです。

 

残念ながらAGA治療は保険適用はされないので自分にあった無理のない治療法を選びましょう。

 

特に1番安い値段で受けたいのであれば「ミノキシジル」や「プロペシア」を利用した治療をお勧めします。

 

こちらの治療法の場合、受ける医療機関ごとによって価格には差があるものの、だいたい月に数千円〜一万円程度で始めることができるのでお財布にも優しいです。

 

AGA治療を受けたいのであれば年間にどれぐらい必要か?

 

ずっと無理なく続けられるにはどうすればいいか?

 

などちゃんと確認しておきましょう。

 

1回の施術料金はもちろんですが、長期的にはどれぐらいの費用が必要かもよく確認して最適な方法を選んでいきましょう。

育毛剤の費用

AGA治療は費用が高額なので、できれば育毛剤で治療したいと思う人も多いでしょう。

 

その気持ちは多くの男性にとって共通です。

 

ですが冷静になって考える必要があります。

 

まず第一に育毛剤ではAGAを治療することができません。

 

育毛剤は髪が生えるために必要な栄養や発毛促進成分を投与したり、頭皮の血行改善などで髪が生える環境を整えるのを目的とします。

 

その結果、一時的に髪の量が増える可能性があります。

 

AGAによって髪が抜けるスピードより、育毛剤による育毛効果が勝った結果ですが、いずれはAGAのスピードが勝る時がきます。

 

この時に多くの男性が取る行動は、他の育毛剤の使用です。

 

育毛剤は多くの種類があり、その中で自分に合うものは一握りです。

 

育毛剤により髪が増える確率は非常に小さいので、実はAGAより育毛剤の効果が大きくなるのは奇跡的なことなのです。

 

それを他の育毛剤に変えると、AGAが一気に表面化します。

 

今まで育毛剤に費やしてきた費用が全て無駄になってしまうのです。

 

 

計算をしてみましょう。

育毛剤の価格は安いものから高いものまで幅が広いので、効果的だと言われているものが多い8千円とします。

 

多くの男性は20代半ばで育毛剤を使いはじめます。

 

薄毛の段階を越して、目に見えて髪が減りだすのが40代後半です。

 

この間約20年です。

 

一月一本育毛剤を使用したとすると、

 

20年×12か月×8千円=1、920、000円

 

192万円となります。

 

今後も育毛剤を使い続けるとさらに費用が加算されますが、髪が増えることはありません。

 

次にAGA治療を考えてみます。

 

AGA治療薬の費用は9千円程度です。

 

育毛剤と同程度の価格です。

 

AGAが進行している場合、これに発毛を促進する治療を受けます。

 

これは数万円になります。

 

症状によって費用の範囲が広いのですが、8万円としておきます。

 

AGAの治療期間を2年とすると、

 

8万円×12か月×2年=192万円

 

偶然ですが、同じ金額になってしまいました。

 

AGA治療費用も高額なのですが、一つ考えてほしいのが確実に髪が増えるという事です。

 

つまり育毛剤と同じ費用で、全く異なる結果を得ることができます。

 

また、AGA初期に治療が開始できたとするなら、安価な治療方法を選択できます。

 

さらに治療期間も短くなるので、かなり安くなるのです。

 

 

 

薄毛の原因がAGAであるかどうかを早い段階で自分で判断するのはとても難しいことです。

 

ですが、AGAでない薄毛にも何らかの病気の可能性があります。

 

これらの判断はAGA専門クリニックでしてもらえます。

 

長期間無駄な費用を支払わない為にも、一度カウンセリングを受けてみましょう。

AGA治療体験談

 

S.Kさん 40代 自営業(群馬県)

 

私は10代の頃から髪が薄いと友達に言われていました。
あだ名も「ハゲ」です。
今から思うと少し額が広いだけで、薄毛ではなかったのですが、学校に行くのが嫌になるほど悩みました。

 

20代になると慣れない仕事に追われる毎日に、日々ストレスが溜っていくのを感じていました。
それと同時に抜け毛も気になり、毎日枕元に落ちている髪の数を数えました。
当時抜け毛は詳しい数字は覚えていませんが、100本以内ならハゲないと聞いたからです。
もちろん毎日育毛剤を使いました。
特に、清涼感のなるタイプを使うと効いていると実感できました。
とんでもない間違いなんですけどね。

 

20代後半になると、シャンプー時の抜け毛の量が増えてきました。
少しなでるだけで、ごっそりと抜けることもありました。
これはまずいと思いました。

 

当時AGAという言葉をテレビCMでよく聞くようになっていました。
爆笑問題の「お医者さんに相談だ!」というセリフが耳に残っています。
私もお医者さんに行こうか悩みました。
ただ地域の病院はAGAの診療ができることを宣伝していなかったので、こちらから積極的に来院することができませんでした。病院の窓口で、「AGAの診察ってやっていますか?」なんて聞けないですからね。
それに治療費用も月数万円必要だと、言われていたのも行けない原因でした。

 

そこで私が手を出したのは、「リアップ」です。
これは育毛剤から一歩進んだ「発毛剤」と言われるもので、文字通り髪が生えてくる薬です。
「これはすごい!」って思いましたよ。

 

リアップにはミノキシジルという成分が含まれています。
元は血圧の薬だったのですが体毛を濃くする働きがあることがわかり、発毛を促進する医薬品として使用されることになったのです。
実際にミノキシジルを主成分とする薬剤はAGA治療でも使われているので、これなら薄毛に勝てるって本気で思いましたね。
お値段も1万円以下で、AGA治療費用の数万円よりかなり安価で済むのも魅力でした。

 

そして結果は…あまり効果はありませんでした。
結局、別の育毛剤を買いました。
でもそれも、薄毛男性が陥る罠だったんです。
ミノキシジルが効果がないと思っていたのですが、実は抜け毛予防に一役買っていたのです。
増えないので効果が無いように感じていましたが、実際は髪が減るのを抑えてくれていたのです。
それなのにリアップを止めてしまったので、髪が抜け初めて薄毛の範囲が広がってしまいました。

 

それから仕事が忙しくなり、髪の心配をする暇が無い生活が10年以上続きます。
時には胃炎になり、時にはストレスで出社できなくなり…
本当に精神的にも、肉体的にもギリギリな10年でした。
その甲斐あってか、貯蓄に余裕ができたので脱サラを決意しました。

 

その頃になってようやく頭皮の状態に気が付きました。
すなわち、「髪が無い!」ということに。
そうです。長年のストレスで頭皮がツルツルになっていたのです。
そんな時に思い出したのが、「お医者さんに相談だ!」です。

 

当時は貯金が全く無かったので、月数万円を払うことができませんでしたが、今は違います。
結婚も遊びもせず働いてきたので、少しぐらいの散財はできます。
私は早速、どこの病院がAGAの治療をしてくれるのか調べました。

 

調べた結果、一般の病院では治療をしてくれないと分かりました。
正確に言うなら、病院では「フィナステリド」というAGAの原因であるDHTを抑える薬を処方してくれます。
病院によっては、さらにミノキシジルが配合された薬も処方してもらえます。
でも、これだけなんです。

 

所謂「ハゲ」の場合、DHTによる攻撃により毛根が委縮しています。
髪を新しく生み出す力がほとんどゼロなんです。
たとえDHTが居なくなっても、発毛させる余力はありません。
そこでミノキシジルが登場するのですが、及ぼしてくれる効果は非常にゆっくりなので、昔のフサフサな頭皮を取り戻すには長い年月を必要とします。
つまり何らかの方法で、発毛しやすい状態に頭皮を改善しない限りAGAの治療と言えないのです。

 

そこでAGA専門病院やクリニックが登場します。
AGA専門クリニックでは、その人に一番合う方法で治療をしてくれます。
まずは頭皮や髪の状態を検査します。そこでなぜ髪が抜けるようになったのか分かるのです。
次にハーグ療法やAGAメソセラピーと言われる、頭皮に髪の成長を促す因子を直接投入することで髪が生えるのを促します。
この方法は各クリニックで異なります。
この他にも、様々な処置を行いAGAを改善していくのです。
とても高度な治療方法なので、やはり費用も高額となります。
残念ながら、現状はAGA治療に保険が適用されません。
その為、月10万円以上必要なケースもあります。

 

このことに関しては、とても後悔しています。
何故かというと、もっと早く治療していれば安かったからです。
薄毛に悩み始めた20代の頃なら、「フィナステリド」や「ミノキシジル」だけでも十分な効果を得られたのです。
その場合、月数千円でいいのです。育毛剤の費用とほぼ同じです。

 

今AGAクリニックで治療をしています。
1年が経過しましたが、目標の40%くらいです。
このまま治療を継続すれば、2年から3年程度でフサフサになるでしょう。
でもやっぱり、もっと早く始めていればと思います。

 

今薄毛に悩んでいる人は、私みたいに後悔しないように早めに治療を始めてください。

 
更新履歴